若ハゲに悩んでいる方は結構、多いのではないでしょうか。若ハゲと一言で言っても、ハゲ方にもいろいろなタイプがあるようですが、一般的には「男性型脱毛症」のことを言います。特に10~30代に発症する男性型脱毛症は「若年性脱毛症」と呼ばれ、このことを指す場合が多いようです。

症状は前頭部から前頂部にかけての髪が薄くなってきたり、前頭部が後退していくのが特徴です。髪が太く長くなる前に成長が止まってしまうので、細く短い毛が増えます。その一方で、太い毛は少なくなるため、髪の密度が下がり、全体的に薄く感じるようになってしまうのです。

若ハゲは、男性に多いのですが、女性にも起こることがあります。この場合頭頂部から始まることが多く、男性のように広範囲となることはあまりありません。

若ハゲの原因には、男性ホルモンの異常、遺伝、生活環境、ストレスなど多種多様です。症例はたくさんありますが、本当のメカニズムはまだ解明されていません。

一番多いのストレスや生活習慣ですから、健康に良い生活を送るように心がけましょう。禁煙はもとよりお酒もほどほどにしておきましょう。また、洗髪にも気をつけ頭皮にあわないシャンプーなどは使わないようにしましょう。

発毛や育毛のためのシャンプーには、医薬部外品と医薬品があります、薬効成分が濃いのが医薬品のシャンプーで、薄いものが医薬部外品のシャンプーと考えればよいでしょう。

しかし、発毛・育毛シャンプーに過度の期待はできません。むしろ洗浄効果や殺菌効果が、シャンプーの役割と考えるべきでしょう。

毛髪や頭皮の状態は個人個人によって違いますから、専門の医師に相談してアドバイスを受けて、ご自分に合った最適なシャンプーを選ぶ事が重要です。

育毛剤も発毛剤も、販売されている製品のほとんどは成分に大きな差はありません。育毛剤も、服用するものや頭皮や頭髪に塗布するもの、医薬部外品や医薬品など様々有ります。

育毛剤や発毛剤は、男性ホルモンの働きを抑え込んだり、男性ホルモンが毛乳頭に付着しにくくするための薬剤で、女性ホルモン剤や抗男性ホルモン剤といわれるものです。しかし女性化などの副作用もあります。

また、汗をかいた場合でも、皮脂などが毛穴に詰まる前に、シャワーなどで洗う事が重要ですが、シャンプーを使う洗髪は、一日一回で十分で、そのほかの場合は、シャンプー無しで行なったほうが良いでしょう。

カテゴリ

月別アーカイブ

Twitter

Twitterでフォローしてください!

DESIGNED BY